大阪風俗秘密ナビ イベント情報

梅田ゴールデン倶楽部の記事

投稿店舗

梅田ゴールデン倶楽部

投稿日時

タイトル

夏の夜は・・・

内容

夏の夜は まだ宵(よひ)ながら 明けぬるを雲のいづこに 月宿(やど)るらむ清原深養父(36番) 『古今集』夏・166現代語訳夏の夜は(とても短いので)まだ宵の時分だなあと思っていたら、もう明けてしまった。月も(西の山かげに隠れる暇もなくて)いったい雲のどこのあたりに宿をとっているのだろうか。夏といえば、学校は休みですから、学生の頃は夜に家族や友人らと花火をしたり天体観測をしたりしたものでした。中には望遠鏡を家から持ってきて惑星や、星雲星団を見ている子もいたような。夏の夜は黒々としていますが、とても短いもの。5時前にはうっすらと東の空も明るくなって、小鳥のさえずりが聞こえてきます。そんな夏の早朝も爽やかで大好きですけれど。そんな夏の短い夜は【梅田ゴールデン倶楽部】へ・・・

梅田ゴールデン倶楽部で現在、働いている女性達(一部紹介)

の紹介へ

りお

の紹介へ

らん

の紹介へ

みずき

の紹介へ

ちづる

の紹介へ

かのん